So-net無料ブログ作成
検索選択

まずは。 [にっき]

あしば。
あしば を かためる。
じみ な さぎょう。
じかん を かけて
あんぜん に
こうりつ てきに
さぎょう を するために。
あしば を おろそかに したり
ひとまかせ に する
ひととは
できれば
かかわり
たくない。


ようするに。 [にっき]




たい
やき


たい
よう


たい
よう






たい。


めがあった。 [にっき]

ちょっと。
くりすます で うかれてる?
おもいやり が たりないんじゃないの?
そんなに じぶん が かわいいのか?
じぶんの こうどうに せきにん もてるのか?
ばれなければ いいのか?
ばれてるよ。ばればれ。
そんな きもちで としを こすのか?
おいら に にらまれたら
こころ の おくまで みとうして やる。
みらい までも。


むい。 [にっき]

さむい。
ねむい。
そんな いちにち。
あと
けむい。
が きたら
むい が びんご。
なぁ〜んて むいみ な
にっき。


なるほど。 [にっき]

そうなんだよなぁ。
じぶん は じぶん で まもる。
ひと に たよらず だな。
よる
ばす に のって まどの そとを
ふと みると
おうだんほどう を
おじいちゃん が
てを あげて わたっている。
その うしろ では
おねえちゃん が
けいたいを みながら
わたっている。
そっか。
だから おじいちゃん なんだね。
おじいちゃん に なるには
それなり の どりょく が あるんだね。


せつない。 [にっき]

ゆうがた
きょうと えき から
とうきょう に
もどる とき。
なんか せつない。
なぜか かえりたくない。


きょうと。 [にっき]

よる の きよみずでら。
らいとあっぷ で おみごと。
みんな で ぞろぞろ。

きょうと あらしやま。
とろっこ に のって
あき の こうよう。

いっぱい あるいて。
いっぱい はなして。
いっぱい もらって。


ぶじでした。 [にっき]

いっしゅーかん ちかく
とうきょう を はなれ
おかやま
おおさか
きょうと
いって まいりました。
かえって きて
ごひゃくえんだま ちょきん は ぬすまれず
ぶじでした。


ぱんじー。 [にっき]

ぱんじー。
めっきり さむくなって
ふと にわさき に さく
ぱんじー。
とおりすぎて ふりむく。
とおく はなれて みる。
ぱんじー。
すごいよ ぱんじー。


のめたらいい。 [にっき]

ふー。
さつえい の ろけはん。
てんき の いい おかやま。
その てんき とは うらはらに
いろんな ことが やまずみ。
ほてる に かえって ひとりに なっても やすまらず。
のめない さけ は のまないが のめたら いいなあ。
しごと どうぐ を もって へやで へんしゅう。
おかやま なのに しごと が できてる。
これで いいのだろうか?
おいらは ちゅうとはんぱ なのでは。
むり なんじゃ ないのか。
おいらじゃ なくても いいのでは ないか。
そうだよなあ かわりは いっぱい いるなあ。
ほてる も きれいだし。
さーびす も いい。
よういしてくれた だぶるべっと の へやを
しんぐるで つかってる。
おいらには ぜいたく な きがする。
でも おいらは ぱそこんに むかって ひたすら
へんしゅう。
その べっと に よこに なれるのだろうか?
きっと あさに なって へやを あとにするだけ。
しょうめんの かがみ には
にあわない がうん を きた おいらが いるだけだ。


そわそわ。 [にっき]

そわそわ。
あさから そわそわ。
きのう にんにく いっぱい たべすぎて
めが ぱっちり で ねれなかった。
まだか まだか。
でも そわそわ。
きっと きょうだ。
きょうに ちがいない。
おいらの そわそわ は あたる。
あさ でんわ するも まだ みたい。
そんな はずが ない。
きょうだ。
よていび から はちにちも すぎてる けど
きっと きょう うまれる。
なのに いもうと は まだ いえ。
そわそわ する。
いもうと から めーる。
ぶじ うまれたって。
あたった。


やましたさん。 [にっき]

やましたくみこ さんの らいぶ。
わたなべ さんから
きょう げすとで らいぶに さそって もらった。
ありがとう。
ぱーそんず の じる さん も とびいり で
なつかしい なんばーを うたってくれた。
やました さん は
とても あたたかく。
はは でも あり。
えねるぎっしゅ に うたいあげた。
かいじょう の みんな と
いったい に なって もりあがった。
やましたくみこ さんも
いろいろ のりこえて ここに たってる。
そんな ものが みえた。
かいじょう の みんな も わかってる。
だから なにかに つつまれて いた。


にちじょう。 [にっき]

おいらの
にちじょう。
かわってる
かもしれない。
そんな おいらにも
ひ にちじょう
がある。
にちじょう と
ひ にちじょう を
いったり きたり。
にちじょう が くるしくなったら
ひ にちじょう が やってくる。
ひ にちじょう に あきたら。
にちじょう が やってくる。
どちらからも なにかを もらう。
もらって もらって
もらって ばかり。


いっぱい。 [にっき]

あおい そら。
そよかぜ。
さつえい に いった。
つくば は なにも ないが
なにかを いっぱい もらって かえって きた。
ゆうがた ぎんざ。
こちらは ひと が いっぱい。
もの が いっぱい。
ねおん が まぶしい。
どちらも かんじられる ってことが
しあわせです。


しょくにんわざ。 [にっき]

やっぱり。
うまかった。
ぎんざ で。
すし。
たべた。
かうんたー で じゅうにん も
はいれば いっぱい の おみせ。
おもてには ねだん も なにも かいてない。
らんち は せんえん。
ふだんは にぎり が さんぜんえん いじょう。
まぐろのづけ と あなご が のった どんぶり。
わさび と がり が のっている。
ときたま が はいった
ちょっと とろみ の ついた おわん。
すべて が せんさい で うまい。
しぜん と わらってた。
つぎ は にぎり に ちょうせん したい。


かぜぎみ。 [にっき]

ちょっと かぜぎみ。
けど。
あさ はやく おきて。
ひの ひかり を あびて。
きれいな みず を のんで。
ひと と はなす。
それで
いちにち が はじまる。
そんな いちにち。


ひこうきのって。 [にっき]

せっかく やすみだし。
どっか いこう。
ひろ〜い そら みたい。
とつぜん ひとり たび。


ちぐはぐ。 [にっき]

どうも うまくいかない。
たいみんぐ が わるいのか いいのか。
びみょう。
じゅーす の なかに むし が はいってたり。
さつえい なのに てんき が わるかったり。
しごと が かさなったり。
そのた いろいろ。
どこかで ちょうせつ したいなあ。


にじ。 [にっき]

にいがた。
さつえい で
ごご にじ に
にじ の いえ の
かんばん さつえい で
ほんとう の
にじ が でた。


ひとやま。 [にっき]

なんとか のりきった。
まっく は しゅうり に でちゃった けど
なんとか のりきった。
おもいっきり ねた〜い。
とちゅう きを うしなってたなぁ。
が。
きょう の そうちょう から さつえい で
ちほう に いってきます。
きんようび まで るすに します。
れいの ごとく どろぼうさん へ。
げんきん は どっかに あります。
こつこつ ためた ごひゃくえんだま。
ひんと。
あかい です。
げんきん いがい は もっていっちゃあ だめです。
あと ごみ は もくようび なので
だして おいて ください。
もえる ごみの ひ です。
のーとぶっく ぱそこん は こわれた ので
いんたーねっと は とうぶん できません。
めーる も ぶろぐ も だめ。
たまには いいかな。


かれいなひ。 [にっき]

ひる。
ねぱーる かれー を なん で たべる。
よる。
ぼーと かんがえごと してたら
きが ついたら かれーらいす たべてた。
しょくご。
しごと しながら かれーせんべい たべる。
いんどじん も びっくり。


あわわわ。 [にっき]

えっ?
まっく1ごう が おかしい。
なので おいらの きんきゅうよう まっく2ごう の でばん。
すいっち おん。
うい〜ん って うごきだす。
たのもし〜い!
ほっ。
なんとか たいおう は できた。
でも かようびまでは さぎょう やまづみ。
うちあわせから かえって
まっく2ごう すいっち おん!
えっ?
ななななな なんだと。
たちあがりません。
なんかいやっても。
たちあがりません。
こんど は めーる も いんたーねっとも なにも できないっす。
まっく 1ごう が めーる と いんたーねっと は だいじょうぶ だから。
くび の かわ つながってる けど。
かくじつに だれかに ためされてる。
みえない ちからで。
よし!
さいご の しゅだん。
まっく3ごう きどう するか。
さいご の いちだい。
いちばん ふるくて おじいちゃん だからな。
さいきん すいっち いれてないな〜。
いかん こんな よなか だから あした に しよう。
おじいちゃん だから この じかん は まずい。
なんで き を つかってるんだろう。
ばーじょん ふるい けど うごかないより ましだ。
たのむよ じーさん。
じーさん との おもいで は いっぱい ある。
いま おもえば いちばん しんよう が あったよ。
そういえば。
もしかして。
じいさん が たちあげて ほしかった から?
かんべんしてよ。
じーさん。
あした。
たのんだよ。


あわわ。 [にっき]

やばすぎる。
ここにきて
まっく の ちょうし が わるい。
すうじかん まえまで ぜんぜん ちょうし が よかった のに。
やること やまづみ なのに。
どうしよう。
おわらない。
めーる と いんたーねっと とかは だいじょうぶ なのに
しごと で ひつような ものが ぜんぜん むり。
また ねれない。
そんな ことより おわらない。


もしも。 [にっき]

あめ が ふる ひは あめ の よに。
かぜ ふく よる には かぜ の ように。
はれた あさ には はれやかに。

この ことば が すきで
このように いきて いきたい。

この うた を うたう とき も きめている。


なぽりたん。 [にっき]

きんじょ の きっさてん。
ぶれんど こーひー の まいるど と
なぽりたん。
こーひー は さいしょ に ください。
となりで おばさん ふたり が なにやら
もめてる。
もめてる けど
すごい ひそひそ ばなし。
ひそひそ ばなし で てんしょん が たかい。
よって
すごく きこえる。
み〜んな きいてます。
なぽりたん たべながら。
どうも おかね で もめてるな。
あと にんげんかんけい。
すいません みず ください って おいらが いったら。
おばさん
わたしも って。


うれしい。 [にっき]

らん らん るー。
うれしく なると
つい やっちゃうんだ。
らん らん るー。
らん らん るー。
らん らん るー。


ねがうとき。 [にっき]

こども の ころ
わたしの
め が みえなくても いいです。
だから おねがいです。
しゃべりません。
だから おねがいです。
だいすきな さば は たべません。
だから おねがいです。
じゅみょう が いちねん みじかくなっても いい。
だから おねがいです。

おねがい するとき なにか を ささげていた。
ふじゆう と ひきかえ に。

ささげる ものが ある
それだけ しあわせ なのだ と きがついた。


のこされたみち。 [にっき]

しっそう。
とつぜん と きえた そうだ。
なにが あったのだろうか?
いなくなる ことは かんたん。
しかし
もどって くるのは むずかしい。
そのひとは えんしゅつか である。
ならば
じぶん を もっと えんしゅつ すべきだ。
げきてきな ふっかいつ を きぼうする。
さいのう が あるのなら。
だれも よそうできない おち が あるはず。
そこまで じぶん を おいこんだのなら。


おひがん。 [にっき]

あきばれ。
おひがん。
りょうしん と でんしゃ を のりつぎ はかまいり。
そのかた は むかし むかし あったこと が ある。
ぼんやり としか おぼえてない。
さざえさん の あなごさん の ような いめーじ かな。
と かって に そうぞうしながら。
たぶん ぜんぜん ちがう。
はな を いけて おいらは ひがんばな を さした。
ちち は かばん から いなかから もってきた
ぺっとぼとる に そのかたが うまれそだった じもとの みず。
それを はかに かけて おそなえ を して
ちち と はは は しゃがみ てを あわせた。
こころ を かわす。
ちょっと はなれて おいらは みまもった。
あっ。
おいら さいきん こころ かよわせて ない。
もっと こころ かよわせたい なあ。
とざしてた わけじゃ ないが かたく なってた。
そして てを あわせて おちついた。
ちち と はは は
このために とうきょうに やってきた。
たしかに 3にんは こころ を かわしてた。
おいらには
みえた。


じょうきょう。 [にっき]

いなか から ちち と はは が じょうきょう。
おひがん という こともあり ちち の しりあいの
はかまいり に とうきょう に くる と いう。
ほてる は?
どこ とまるの?
とうきょう に 10ねん ちかく きていない。
うちの ちかくに ほてる あるけど そこで いい?
3ふん くらいのところに あることは あるけど
わかもの むけの しゃれた ほてる だけど だいじょうぶ かな。
よやく を いれたら 1しつだけ あいてた。
はねだ まで むかえに むかうとちゅう。
どうしても ほてる が きになり。
したみに いく。
すみません。
きょう おじゃま する ものの むすこ ですが
これから はねだ に むかえに いくので
よるの 8じくらいに なるのですが よろしくおねがいします。
すると ふろんとのかたが ていねいに せつめいしてくれた。
なんせ いなかもんなんで わからない ことや ほうげん が
わからなかったら おいらの けいたいに でんわください。
って いったら わかりましたって
わたしも いなか しゅっしんなんで って
よかった。
あんしん あんしん。
ほてる とうちゃく。
ふろんと に いくと まってましたって にやりと かいわ。
そして ぶじ ちぇっくいん
あんのじょう へやは おしゃれすぎ
といれも ふろも がらすばり。
あせった。けど まあいっか。
つぎの ひ おいらも はかまいり いこうかな。
しんぱい だから。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。